SWELLの導入手順と購入後にやった方が良いことをまとめました!!

WordPressテーマSWELLを導入して実際にサイト運営が開始できるようになるまでの手順を紹介します。

この記事で紹介する内容

  1. SWELLの購入方法
  2. SWELL導入後の必要な設定

この記事は、サイト開設直後からSWELLを使って運営を始める方向けの内容です。

他テーマからSWELLに移行する方は以下の記事に手順をまとめているので見てみてください。

>>CocoonからSWELLへの移行手順
>>JINからSWELLへの移行手順
>>上記テーマ以外の移行手順

これからブログやサイト運営を始める方は、設定などもよく分からず不安な点も多いと思います。

この記事では、専門的な用語は簡単に補足したり、画像をたくさん使いながら、なるべくつまずかずにSWELLでサイト運営を始められるように手順を紹介していきます。

さとしん

落ち着いて進めれば大丈夫ですよ…!

WordPressでブログやサイトを立ち上げるということは、何かしら夢や目標があると思います。

その目標を達成するためのスタートとして、SWELLに出会えたのはとても運が良いと思います。
本当に魅力的なテーマです…!

素敵なサイトが作れるように、一緒にがんばっていきましょう。

ではさっそく、SWELLの導入手順を書いていきます。


記事内で使用しているSWELL公式サイトのキャプチャは全て2021/12/4時点の内容です。

目次

SWELLの導入手順!購入からテーマの有効化まで!

まずは、公式サイトでSWELLを購入して、WordPress上にインストール&有効化するまで進めていきましょう。

サーバー、ドメインの契約、WordPressのインストールが完了している前提で進めていきます。

以下の手順で進めていけばOKです。

STEP
SWELLの購入ページにアクセスする

\ ここからアクセスできます! /

STEP
利用規約を確認し、「SWELLを購入する」ボタンをクリック
SWELLのインストール方法-2
STEP
Stripeの決済画面で必要事項を入力する
SWELLのインストール方法-3
STEP
入力したアドレス宛に届くメールに記載されたURLへアクセス

SWELL親テーマのzipファイルがPCにダウンロードされます。

STEP
管理画面→「外観」→「テーマ」→「新規追加」→「テーマのアップロード」 をクリック
SWELLのインストール方法-3
STEP
「ファイルを選択」欄でzipファイルを選択して「今すぐインストール」をクリック
SWELLのインストール方法-4
STEP
「有効化」をクリック
SWELLのインストール方法-5
みにしん

おぉ!SWELLを有効化したら一瞬で素敵になった…!

まずはSWELL導入おめでとうございます。

ここから、少し大変ですが必要な設定をしていきます。

SWELL会員サイトへの登録

SWELLにはSWELLERS’という会員専用サイトがあります。

フォーラムへの投稿や、以下のようなデータをダウンロードするために会員登録は必須ですので、もれなく対応しましょう。

  • SWELL親テーマ
  • SWELL子テーマ
  • 乗り換えサポートプラグイン
  • デモサイト着せ替えデータ

特に、SWELLは2021年11から、ユーザー認証ができたサイトしかアップデートができなくなりました

SWELLを格安転売したり、規約違反のユーザーが増えたことによる対応

さとしん

本当に素敵なテーマなので、開発者の了さんの負担にならないように正しく利用したいですね…。

少し話がそれましたが、以下の手順で会員登録を進めていきましょう。

STEP
SWELLERS’にアクセスする

SWELL公式サイトのヘッダーにある「フォーラム」をクリック。

SWELLERS'への会員登録
STEP
SWELLERS’ のサイドバーにある「会員登録はこちらから」をクリック
SWELLERS'への会員登録-2
STEP
会員登録画面で必要事項を入力し、「登録する」ボタンをクリック

メールアドレスはSWELL購入時のものを入力してください。
ユーザー名とパスワードは任意でOKです。

SWELLERS'への会員登録-3

会員登録作業はこれだけで完了です。

みにしん

ついにSWELLERS’の仲間入り…!笑

次はWordPressの画面で必要な設定を進めていきます。

SWELL導入後にやるべき設定

ここからはWordPress上で必要な設定を進めていきましょう。

以下6項目を紹介します。

  1. SWELLユーザー認証設定
  2. SWELL子テーマの有効化【必要な人のみ】
  3. SWELLの初期設定
  4. プラグインの導入
  5. Googleアナリティクスの設定
  6. Googleサーチコンソールの設定
  7. Googleアドセンスの設定

SWELLユーザー認証設定

SWELLを有効化した直後は管理画面に「SWELLのユーザー認証が完了していません」と警告文が表示されます。

SWELLのアクティベート設定

先ほど紹介したとおり、ユーザー認証が完了しないとSWELLをアップデートできず、最新の機能を使うことができなくなります。

SWELLを常に最新版にアップデートするために、ユーザー認証(アクティベート設定)をしておきましょう。

以下の画面でアクティベート設定をすることができます。

WordPress管理画面→「SWELL設定」→「アクティベート」に進む。

「ユーザー認証」の欄に、先ほどSWELLERS’会員登録に使用したメールアドレスを入力して「認証リクエストを送信」をクリックしましょう。

SWELLのアクティベート設定-2

正しいメールアドレスが入力されれば、そのアドレス宛にメールが届きます。

メール内に記載のある、認証を完了させるためのURLをクリックして、アクティベート設定も完了です。

SWELL子テーマの有効化

既に有効化したSWELLテーマは親テーマと呼ばれるものですが、WordPressには子テーマというものも存在します。

以下の、テーマエディターでPHPやCSSを編集する予定がある場合は、子テーマをインストール&有効化しておきましょう。

SWELLのテーマエディター画面

一方で、追加CSSでCSSを追記するだけなら子テーマのインストールは不要です。

テーマカスタマイザーの追加CSS

基本は上記のようなご自身の用途に合わせて、親テーマと子テーマどちらを有効化するか検討します。

さとしん

迷う場合はとりあえず子テーマを有効化しておけば良いと思います…!

子テーマは会員登録が完了したSWELLERS’のマイページからダウンロードできるようになっています。

SWELL子テーマのダウンロード

子テーマをダウンロードできたら、さきほどの親テーマの時と同じ方法でインストール&有効化すればOKです。

SWELL初期設定

サイト全体のカラーやベースになるデザインなど、SWELLの基本的な設定を進めていきましょう。

とりいそぎは、以下のにある「基本設定」の項目を参考に設定を進めておくと良いかなと思います。

SWELL公式マニュアル

当サイトでも、上記の公式マニュアルをベースに、困った時の対処法などもまとめた記事を作っていますので参考にしてください。

プラグインの導入

WordPressには、WordPress本体やテーマにない機能を追加してくれるプラグインというものがあります。

みにしん

スマホで例えると、アプリのようなイメージかな…!

必要なプラグインは、使っているWordPressテーマやユーザーさんが作りたいサイトの方向性などによって異なります。

「おすすめプラグイン〇選」といったタイトルのブログ記事で紹介されているプラグインを全て導入すれば良いという訳ではないので注意してください。

ひとまずは、SWELL公式サイトで推奨、非推奨のプラグインが紹介されているので、こちらを参考にプラグインを導入してみてください。

>>

上記公式サイトの記事内で紹介されている、SEO SIMPLE PACKはこの後の設定で必要なので必ずインストール&有効化しておいてください。

SEO SIMPLE PACKは、SWELL開発者の了さんが開発されたプラグインです。

SEO SIMPLE PACKの基本設定は了さんの記事も参考にしてください。

>>WordPressの超シンプルなSEOプラグイン「SEO SIMPLE PACK」の使い方

主要な設定項目と設定方法をこの記事でも以下に3点ほど紹介していきます。

Googleアナリティクスの設定

Googleアナリティクスでサイトの情報を計測するための設定方法を紹介します。

Googleアナリティクスは分析のために必須のツールなので、もしまだ導入していない方はこの機会に登録しておいてください。

>>https://analytics.google.com/

先ほどインストールした「SEO SIMPLE PACK」にGoogleアナリティクスのタグを入力します。

以下の手順です。

STEP
管理画面→「SEO PACK」→「一般設定」→「Googleアナリティクス」をクリック
SEO SIMPLE PACKのアナリティクス設定-1
STEP
「トラッキングID」または「測定ID」欄にIDを入力

「UA」もしくは「G」から始まるIDです。

Googleサーチコンソールの設定

続いて、Googleサーチコンソールの設定をしていきましょう。

Googleサーチコンソールもサイトの分析や今後の方針を考える上で必須のツールなので、まだ登録していない方はこの機会に登録することをおすすめします。

>>https://search.google.com/

GoogleサーチコンソールもSEO SIMPLE PACKで設定します。

STEP
管理画面→「SEO PACK」→「一般設定」→「ウェブマスターツール」をクリック
SEO SIMPLE PACKのサーチコンソール設定-1
STEP
Googleサーチコンソールの認証コード」欄にコードを入力
SEO SIMPLE PACKのサーチコンソール設定-2

Bingのウェブマスターツールを使っている方は同様に設定しておきましょう。

OGP設定

OGP設定は、SNSなどで自分のサイトや記事を紹介する際の表示に関する設定です。

おそらくブロガーさんはTwitterも併用されることが多いと思うので、設定しておきましょう。

管理画面→「SEO PACK」→「OGP設定」

基本設定とTwitterなどのアカウント情報とSNSでシェアされたときのカードの形式を選択してください。

SEO SIMPLE PACKのOGP設定

Googleアドセンスの設定

Googleアドセンスの設定もしておきましょう。

アドセンスの合格状況に合わせて以下2つのパターンを紹介します。

  1. 合格前の方:審査用コードの貼り付け方法
  2. 合格済みの方:広告コードの貼り付け方法

合格前の方:審査用コードの貼り付け方法

アドセンス合格前の方は、審査用コードを貼り付けてアドセンス審査を依頼する必要があります。

以下の手順で審査用コードを貼り付けることができます。

STEP
管理画面→「外観」→「カスタマイズ」→「高度な設定」をクリック
SWELLのアドセンス審査コード貼り付け方法-1
STEP
「headタグ終了直前に出力するコード」欄に審査用コードを入力
SWELLのアドセンス審査コード貼り付け方法-2
さとしん

合格に向けてがんばってくださいね…!

無事に審査に合格したら、ここで入力した審査用コードは削除して、次に紹介する広告コードを貼りましょう。

合格済みの方:広告コードの貼り付け方法

アドセンス合格済みの方は、設定をしてアドセンス広告がサイト内に表示されるようにしましょう。

以下の方法で広告の設定ができます。

STEP
管理画面→「外観」→「広告コード」をクリック
アドセンス広告の貼り方
STEP
お好みの広告の入力欄に広告コードを入力
アドセンス広告の貼り方-2
さとしん

無事に広告が表示されるか確認してみてください…!

ここまでで主要な設定は一通り完了です。

あとは実際にサイトを運営しながら細かい部分を調整していきましょう。

サイトのデザインをカスタマイズする方法

SWELLの導入段階でやっておいた方がいいことはひとまず完了です。

みにしん

ここからついにブログ運営がスタート…!

さっそく記事を書き始めるのもOKですし、サイトのデザインを整えてみても良いと思います。

ブログ開設直後はまず記事数を増やしていくのがおすすめですが、一応サイトのデザインを整える方法を紹介しておきます。

デモサイトデザインに着せ替える

SWELLにはデモサイトデザインに着せ替えるためのデータが無料配布されています。

この着せ替え用データを使うことで、簡単に自分のブログをデモサイトと同じデザインにすることができます。

着せ替えデータは以下の6パターン用意されています。

SWELLのデモサイトの一覧

デモサイトデータを反映させる方法は以下のリンク先で解説しています。

>>SWELLのデモサイト着せ替えデータで簡単にリッチなブログを作ろう!

サイト型のトップページカスタマイズにチャレンジする

もちろん、デモサイトではなく自分でオリジナルのトップページを作りこむこともできます。

まず、ファーストビューの印象を整えてくれる設定がSWELLには複数用意されています。

  • メインビジュアル
  • 記事スライダー
  • ピックアップバナー

これらの設定方法は以下のリンク先で紹介しています。

>>トップページ設定

さらにトップページの記事の配置などをオリジナルにカスタマイズしたい場合は以下の記事を見てみてください。

>>SWELLカスタマイズ!サイト型トップページの作り方!素敵なブログを作ろう!

さとしん

デザインカスタマイズの自由度が高いのもSWELLの醍醐味だと思います。余裕ができたら挑戦してみましょう…!

ブロックエディターを使って記事を書いていこう

WordPressで記事を書くための機能(エディター)は、2021年12月時点で「ブロックエディター」と「クラシックエディター」の2種類があります。

現在はブロックエディターがWordPressの標準で、今後もブロックエディターを軸にWordPressも進化していきます。

なので、これからブログをはじめる方はブロックエディターを使った方が良いです。

ブロックエディターの基本的な使い方も当サイトで解説しています。

>>WordPressブロックエディター(Gutenberg)の使い方!時短テクニックも紹介!

また、SWELLはブロックエディターの使い心地をかなり追及しているテーマで、他のブログ向けWordPressテーマと比較してもかなり高機能です。

さとしん

SWELLのブロックエディターの使い心地は最高です…!

SWELL独自のブロックエディターを強化してくれる機能が豊富に用意されています。

SWELLのブロックエディターでできることは以下の記事にまとめたのでぜひ参考にしてください。

SWELLで楽しくサイト運営をしていきましょう!

SWELLを導入して、実際にサイト運営できるようになるまでの一連の流れを紹介しました。

さとしん

設定が大変だったと思いますが、大変お疲れさまでした…!

ここから、いよいよSWELLを使ったサイト運営がスタートです。

SWELLは定期的に嬉しい新機能が追加されたり、記事を書くのが楽しくなるような便利機能も充実していて、とても魅力あるテーマです。

みなさんのサイト運営もきっと楽しいものになると思います。

SWELLに慣れてきたら、ぜひサイトのカスタマイズにも挑戦してみてください。

SWELLはブロガー向けのWordPressテーマですが、コーポレートサイトを作ることもできます。

なので、工夫次第では通常のブログと差別化できるオリジナリティのあるサイトを作ることもできます。

SWELLを使っているサイトのデザインを参考にしたい場合は、僕が運営しているSWELLサイト集も見てみてください。

さとしん

100サイト以上紹介させてもらっています…!

SWELLで素敵なサイトが作れたらぜひサイト集で紹介させてくださいね。

運営者さとしんの Twitter(@__satoshin) で掲載依頼を受け付けています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


はこちらからどうぞ…!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる