SWELLレビュー!ブログが楽しいと感じさせてくれた素敵なWordPressテーマ!

大人気のWordPressテーマ『SWELL』についてご紹介します。

まずは僕の結論から紹介…!
SWELLの魅力をギュッと3つにまとめ!
  • サクサク楽しく記事が書けるブロックエディター!
  • プログラミング知識なしで素敵なサイトが作れる!
  • ユーザーとしてワクワク感を感じる取り組みがたくさん!

僕は、記事執筆もサイトデザインも思うようにできず挫折しかけていた時に、思い切って他有料テーマからSWELLに移行しました。

さとしん

これが結果的に大正解!今ではブログが楽しく大好きになりました…!

今では、公式サイトにも掲載されているSWELLサイト集を作ってしまうほど、SWELLの魅力にはまっています。

SWELLは素敵な新機能はもちろん、他テーマには無い取り組みも積極的に行われていて、ユーザーとしてすごくワクワクするテーマです。

そこでこの記事では、僕が実際にSWELLでブログ運営をしてきて感じている魅力をレビューしていきます。

さとしん

SWELLユーザーさんの評判や口コミで見つけたデメリットについても僕なりに考察しますね…!

SWELLはブログ初心者の方にもおすすめできるテーマだと感じているので、その理由についても記事内で書いていきます。

では、さっそくSWELLのレビューを書いていきます。

\ まずは公式サイトもチェック! /

目次

WordPressテーマSWELLの特徴と概要

WordPressテーマ『SWELL』
』公式サイト

SWELLは2019年3月にリリースされたWordPressテーマです。

2018年12月に登場したブロックエディター(Gutenberg)に完全対応しています。

SWELLの基本的な情報は以下のとおりです。

項目説明
テーマ名SWELL(スウェル)
リリース2019年3月
開発者了さん(@ddryo_loos)
金額¥17,600円(買い切り型)
ライセンス100%GPL(複数サイトで使用OK)
公式サイト
ハッシュタグ#wpswell

開発者の了さんは、SWELL以外にも公式ディレクトリ掲載のテーマ『Arkhe』も開発されています。

他にも、『Useful Blocks』や、『Pochipp』といったブロックエディターをさらに高機能にしてくれるプラグインの開発にも関わられています。

ブロックエディターに関するすばらしい知識、技術をお持ちの方なんだろうと感じています。

については公式サイトで詳しく紹介されているので見てみてください。

\ SWELLの特徴は公式サイトをチェック! /

ブロックエディターに完全対応

SWELLの特徴についてこの記事でも簡単に書いていきます。

SWELLは、 WordPress5.0から搭載されているブロックエディター(Gutenberg)に完全対応しています。

さとしん

しかもブロックエディターがとても使いやすい…!

実は、まだまだブロックエディターに対応できていないテーマも多く、クラシックエディターの使用が推奨されていることもあります。

そのため、ブロックエディターの使い心地はテーマによって大きく変わってしまうのが実情です。

ですが今後、クラシックエディター(旧エディター)はサポートが終了して使えなくなる可能性があります。

なので早めにブロックエディターに慣れておく必要があり、SWELLはかなり有力な選択肢になります。

クラシックエディターのサポートが続く可能性もありますが、現在はブロックエディターを中心にWordPressの開発が行われているため、当サイトではブロックエディターを推奨しています。

1度の購入で複数サイトに使用可能

SWELLは、1度購入するだけで複数サイトに使用することができます。

これは自分のサイトはもちろん、他人のサイトにも使用することも可能です。

そのため、SWELLは以下のような方にもおすすめしたいテーマです。

  • 複数のブログを運営していく予定がある
  • 他人のWebサイト制作を請け負う予定がある

このように1度の購入で自由に使用することができるのは、SWELLがWordPressの思想に合わせて「100%GPL」という形式を採用していることが理由です。

一方で、他のブログ向けの有名テーマは、「スプリットライセンス」という形式を採用していることが多いです。

1度の購入で1サイトのみ、自分のサイトだけなら複数サイトで使用可能など、テーマによって規約が定められているので要確認です。

さとしん

僕は100%GPLのテーマを応援しています…!

開発者さんの熱意とともに進化し続けるテーマ

SWELLは了さん(@ddryo_loos)という方が開発されています。

そして頻繁に機能追加や改良がおこなわれているテーマです。

開発者の了さんはTwitterで積極的に活動されているので、日々の開発の様子や検討中の機能などをユーザーも知ることができます。

さとしん

最近は育児のこともツイートされていますね…!笑

常にテーマ開発のことを考えている様子が見えますし、あたらしいことに挑戦されていると感じます。

こういった点は、ユーザーとして本当に安心感があります。

それから、SWELLに関連したツイートには「いいね」や「RT」など積極的に反応してくれます。

常にユーザーの発信にアンテナを張られているのも、SWELLが進化し続けている理由かもしれません。

ではここから、僕が感じているSWELLの魅力をレビューしていきます。

SWELLレビュー!ブロガーさんに全力でおすすめしたいテーマ!

僕はSWELLを複数のブログ、サイトで使っていますが、特にブロガーさんにはものすごくおすすめできるテーマだと感じています。

ブロガーさんにとって大切な「記事を書く」という工程を強力にサポートしてくれたり、自分好みのオリジナルなブログを作るためのカスタマイズもプログラミングの知識無しで簡単にできてしまいます。

他のテーマを選ぶ特別な理由がなければ、ブロガーさんはSWELLを選べば間違いないのではないかなと個人的には思っています。

その理由をこれから紹介していきます。

導入した瞬間から素敵なデザインで感動!カスタマイズも柔軟にできる!

まず、SWELLをインストール&有効化した瞬間から、一気に自分のサイトがオシャレなデザインに生まれ変わります。

以下が作ったばかりのWordPressサイトにSWELLをインストールしただけの状態のデザインです。

インストール直後のSWELLのデザイン

ファーストビューで飛び込んでくるオシャレな画像と「さぁ、始めよう。」の文字がとても印象に残ります。

記事が3つ横並びになっている箇所はスライダーになっていて、自動で横にスライドしてくれます。

さとしん

カッコよくないですか!?僕はこのデザインに惹かれました…!

ユーザー側で整えることなく素敵なデザインなので、すぐに記事を書き始めることができます。

なかなかブログ時間を作れない忙しいブロガーさん、デザインに自信が無いというブロガーさんにもぜひ使って欲しいテーマです。

トップページのデザインも簡単にカスタマイズできる!

初期状態からオシャレなSWELLですが、もちろん自分でカスタマイズすることもできます。

SWELLではWordPress管理画面の「カスタマイズ」から、マウス操作だけでサイトのデザインをおしゃれにカスタマイズすることができます。

以下の「アイコン」が付いている項目がSWELL独自の設定項目です。

SWELLのテーマカスタマイザー

実際にテーマカスタマイザーを使う様子を開発者の了さんが公開されています。
※動画撮影時のバージョンが古いため、現状とは一部異なります。

開発者了さんのYouTubeチャンネル

サイトを制作する際によく聞く、HTMLやCSS、PHPといったマークアップ言語、プログラミング言語の知識は一切いりません。

みにしん

もちろんCSSとかの知識があればよりオリジナリティのあるサイトを作れるよ!

また、記事が新着順に並んだ状態ではなく、自分でトップページのデザインを自由に決めることができる、サイト型のトップページも簡単に作ることができます。

トップページは、SWELLの高機能なブロックエディターの機能をつかうことで簡単にカスタマイズができます。

ちなみにSWELLでは、トップページだけでなく、カテゴリーページやタグページも柔軟にカスタマイズすることができます。

>>SWELLカスタマイズ!サイト型トップページの作り方!素敵なブログを作ろう!
>>SWELLのカテゴリーページとタグページをカスタマイズする方法!

デザインが苦手なら公式のデモサイトに一瞬で着せ替え!

みにしん

デザイン苦手だから自分でカスタマイズはできないかも。。。

こんな方のために、SWELLはデモデータへの着せ替えファイルが無料で配布されています。

クリック操作だけで簡単に整ったサイトになります。

着せ替えファイルが有料販売されているテーマもあるので、無料で配布されているのはとてもありがたいです。

SWELLで配布されている着せ替えデータは以下6種類です。

SWELLのデモサイトの一覧

かわいい雰囲気のブログ、カッコいい雰囲気のブログに一瞬で変身できます。

さとしん

初期デザインからは変えたいけど、自分でカスタマイズできないという方にピッタリですね…!

デモサイトデータへの着せ替え方法は以下の記事にまとめました。

>>SWELLのデモサイト着せ替えデータで簡単にリッチなブログを作ろう!

ブロックエディターが快適すぎて記事執筆が楽しく速くなった!

SWELLのブロックエディターは細かい点にも配慮されていて、執筆時に感じるストレスが本当に少なくなります。

なかなか気づかない様な細部のこだわりがSWELLのブロックエディターの使い心地のすばらしさに繋がっていると感じます。

SWELLのブロックエディターのすばらしいポイントを2点ご紹介します。

  • 充実のSWELL専用のブロック
  • 痒い所に手が届く標準ブロックの機能拡張

SWELLのブロックエディターの魅力については、以下の記事で詳しくまとめました。

さとしん

動画もたくさん使っているのでぜひ見てみてください…!

この記事の中でも何個かピックアップして紹介します。

充実のSWELL専用のブロック

SWELLには記事作成に役立つ専用ブロックが豊富に用意されています。

さとしん

デザインも使い心地も素敵なブロックばかりです…!

SWELL専用ブロック
』公式サイトから引用

特にブロガーさんの場合は「ふきだしブロック」がかなり活躍するかなと思います。

あらかじめアイコンやふきだしの形、向きなどを設定しておくと、執筆中に簡単に使うことができます。

みにしん

事前にふきだしの設定をしておくとかなり時短になるね!

実際にふきだしブロックを使っている様子は以下の動画を見てみてください。

それから、トップページのカスタマイズでは「フルワイドブロック」が大活躍します。

画面の横幅いっぱいに背景画像や背景色を設定できます。

それから、ブロック上下の境界線の形状を斜めにしたり、波線にしたりできるので、サイトの雰囲気が一気にリッチになります。

みにしん

波線を使ったデザインに憧れている他テーマのユーザーさんも多い印象!

実際にフルワイドブロックを使っている様子は以下の動画を見てみてください。

痒い所に手が届く標準ブロックの機能拡張

SWELLでは、コアブロックの機能を拡張してさらに使いやすくしてくれています。

これも、SWELLしか使ったことがないと気付かない点ですが、コアブロックの装飾(スタイル)はシンプルなパターンしかありません。

例えば、記事内で頻繁に使用する、段落ブロックをSWELLとデフォルトテーマで比較してみましょう。

SWELLのブロックエディター-1

基本的にデフォルトでは、文字サイズや文字色の変更など簡単な設定しかできません。

SWELLの場合は、多数の装飾スタイルが用意されていて、クリックするだけで自由にスタイルを設定することができます。

良く使うボックス装飾を実際に並べてみた画像が以下の通りです。

SWELLのボックス装飾-3

このような装飾がワンクリックでできてしまうので、記事の執筆がかなりスムーズになります。

こちらも実際に動画を見てもらうとイメージが掴めると思います。

SWELLのブロックエディターを使う様子は以下の公式動画も参考になります。

『SWELL』YouTubeチャンネル

SWELLのブロックエディターは、WordPressをあまり触ったことが無い方、ブロックエディターが苦手な方にもぜひ使ってみて欲しいです。

\ 圧倒的なブロックエディターの使い心地 /

サイト表示速度の高速化に向けた取り組みがすごい!

SWELLはサイト表示速度の高速化とCWV(Core Web Vitals)対策にもかなり力を入れています。

みにしん

僕は、本気で表示速度の改善をする場合はプロに依頼するのが良いと思っています。

PSI(PageSpeed Insights)スコアを高くするために、知識のない状態で使用していないCSSやJavaScriptを削除する作業は少しハードルが高いかなと思います。

ちなみに、厳密にはPSIスコアは表示速度ではなくページのパフォーマンス改善の余地を表す数値です。
※詳しくはPSIのドキュメントに記載があります。

PSIスコアは、テーマやプラグイン、サーバー、それから外部読み込み(広告)など様々な要因で変動します。

このような難しい領域の改善をSWELLではテーマ側で積極的に対応してくれます。

さとしん

テーマ側で最適化してもらえるとユーザー側での高速化対策もしやすくなるかも…!

SWELLの高速化に関する取り組みを2つご紹介します。

高速化とCWV対策のプロと顧問契約を結んでいる

2021/8/19に以下の発表がありました。

>>

WordPress高速化、PageSpeed Insights最適化、Core Web Vitals改善のプロ、スキルシェアさん(@skillsharejp)との顧問契約締結のお知らせです。

今後はSWELLテーマとして、今まで以上に高速化やCore Web Vitals最適化への取り組みを本格化していくということで本当に楽しみで衝撃的な発表でした。

スキルシェアさんはブログ系インフルエンサーさんのサイト高速化も手掛けています。

そして、高速化についての記事やツイートも本当に学びが多く、僕も頻繁に拝見させてもらっています。

SWELLの高機能さを保ったまま、サイト高速化やCWV対策もさらに強化していく、これはとっても大きな進化になることが期待できます。

アプデで続々と高速化に向けた対応が進んでいる

スキルシェアさんとの契約発表後の2021年8月以降のアップデートで、さっそく高速化に関連した内容のアップデートが繰り返し行われています。

例えば上記画像の「スクリプトの読み込み」や「CSSの読み込み」、「Lazyload」といった部分が高速化に関係する部分です。

さとしん

このような調整は知識がないとできないのでテーマ側で対応してもらえて本当に助かります…!

定期的なアップデートのワクワク感と安心感!

WordPressテーマを選ぶうえで、アップデートの頻度もとても大事だと思っています。

SWELLは定期的にアップデートされていて、とても安心感があります。

さとしん

そして何より、便利な新機能が定期的に追加されるのでユーザーとしてはとてもワクワクします。

今回は、その中から以下の3点を紹介します。

  • 便利な新機能の追加
  • ユーザー要望の反映
  • WordPressのアプデへの対応

新機能の追加はもちろん、細かい不具合の調整や、WordPress側のアップデートへの対応など、SWELLはすごく丁寧に素早く対応されている印象です。

便利な新機能が定期的に追加される

SWELLはすでに多機能なテーマですが、定期的に新機能が追加されています。

例として2021年に追加された機能を2つピックアップしてみました。

  • デスクトップ風、ブラウザ風の装飾
  • カスタム書式機能
さとしん

もちろんこの2つ以外にも、便利な機能は多数追加されていますよ…!

デスクトップ風、ブラウザ風の装飾

2021/2/19にリリースされたVer2.3.3で、一部のブロックに対して新しい装飾が追加されました。

クリック操作だけで、デスクトップやブラウザ画面風の装飾が設定できるようになりました。

例えば以下のような装飾を簡単に設定することができます。

ブラウザ風装飾

WebNote+
WebNote+

デスクトップ風装飾

WebNote+

とてもオシャレですし、PCのキャプチャなどを表示したいときに物凄く相性が良い機能です。

さとしん

僕も愛用しています…!

>>SWELLのデスクトップ風とブラウザ風の装飾が便利!設定と使い方を紹介!

カスタム書式機能

2021/5/14にリリースされたVer 2.3.8では、カスタム書式という機能が追加されました。

記事内のテキストにオリジナルの装飾を設定できる機能です。

自分好みの装飾のCSSを設定画面で記述しておくと、クリック操作だけですぐに装飾を呼び出せるようになる機能です。

例えば、以下の画像のように文字装飾を自由に設定できます。

例として、文字上に点、文字下に波線を付けてみました。もちろん、色も自由に設定が可能です。

SWELLのカスタム書式機能

オレンジのマーカーはSWELLのデフォルト機能、赤の装飾がカスタム書式で追加した装飾です。

さとしん

便利ですし、他の方のブログとも装飾を差別化できますね…!

>>SWELLのカスタム書式機能が楽しい!設定方法と使い方も紹介!

ユーザーの要望もできる限り反映してくれる柔軟性

詳しくは記事後半の「SWELLは初心者にもおすすめなのか?」で紹介しますが、SWELLにはユーザー専用のフォーラムがあります。

そのフォーラムの中には要望を書き込めるスレッドがあり、「こんな機能があったら良いな」という希望が定期的に書き込まれています。

その中から実際に新機能として追加されることも多々あります。

2021/6/9にリリースされたVer 2.3.9では、表(テーブル)ブロックの機能が拡張されました。

表(テーブル)ブロックはWordPress本体側で用意している機能ですが、細かな使い勝手が良くない面があり、以前からSWELLフォーラム内でも機能追加の要望がでていました。

拡張された機能の一部をご紹介します。

  • 横長の表は横スクロールして表示する
  • 表の1番左の列を固定する

上記どちらも、WordPress標準の表では設定することができないので、SWELL専用の仕様です。

表の例を作ってみました。横にスライドしてみてください。

スクロールできます
No.項目1項目2項目3項目4項目5項目6
1テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
2テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

このほかにもVer2.3.9で表ブロックがかなり強化されてかなり使い心地が良くなりました。

さとしん

このようにユーザーの声を取り入れてもらえるのはとても嬉しいですね…!

頻繁なアップデートで常に最新のWordPressに対応

テーマだけでなく、WordPress本体も定期的にアップデートが行われています。

その本体側のアップデート内容に合わせてテーマ側でも細かい調整を繰り返す必要があります。

さとしん

これがとても大変な作業で、開発者さんたちは本当に尊敬しています…!

かなり地味で大変な作業のため、テーマによってはWordPressのアップデート後に不具合がでたり、対応が遅れてしまうこともあります。

その中でSWELLは、WordPressの新Verがリリースされる前に、既にテーマ側で新Verへの対応を進められています。

例えば、SWELLVer2.3.5へのアップデートでは以下のような内容がありました。

SWELLVer2.3.5のアップデート内容
SWELL – ver. 2.3.5 アップデート情報

WordPressのVer5.7がリリースされる前に、事前に対応が進められています。

この対応のお陰で、WordPressアップデート後も大きな問題がなく、快適にブログ運営を行うことができています。

スマホで例えると、スマホを最新版にアプデしたらアプリが使えなくなった…。ということが発生しないイメージです。

さとしん

イメージが湧かないかもですが、これはとてもすごいですよ…!

SWELLのデメリットについての口コミ、評判

ここまで、僕がSWELLを使っていて感じる魅力を紹介してきました。

SWELLが人気で良いテーマなのは分かるけど、導入にあたっての懸念点、デメリットが気になるという方も多いと思います。

さとしん

実は、僕もいろいろ考えましたがデメリットは思い浮かびませんでした…。

これはあくまで僕の思いなので、他のSWELLユーザーさんの中にはデメリットを感じている人も当然います。

なので、TwitterなどからSWELLに関するデメリットやネガティブな評判、口コミを4つ集めてきました。

  1. 購入金額が高い
  2. SEO関連の機能はプラグインが必要
  3. クラシックエディターは一部機能の制限がある
  4. ユーザー急増のためデザインが似る可能性がある

これらについて、僕なりの見解を書いていきたいと思います。

購入金額が高い

SWELLの購入金額は17,600円(税込み)の買い切り型になっています。

たしかに、購入金額だけでJINやSANGO、AFFINGER5などの有名なブログ向けテーマと比較すると少し高いです。

スクロールできます
テーマ金額複数サイト使用
Nishiki Pro17,800円1サイト1ライセンス
SWELL17,600円無制限に使用OK
Snow Monkey16,500円/年無制限に使用OK
THE THOR16,280円自分のサイトならOK
AFFINGER514,800円自分のサイトならOK
JIN14,800円自分のサイトならOK
SANGO11,000円自分のサイトならOK

ですが、SWELLは追加の料金が一切発生しません。

一部のテーマでは、機能を拡張するためのプラグインが有料だったり、デモサイト着せ替えデータが有料の場合もあります。

1度購入してしまえば、SWELLの全ての機能を100%使用することができて、もちろんアップデートも無料です。

前述のとおり、SWELLのアップデート頻度はとても多いです。新機能の追加も盛りだくさんです。

既に高機能なうえに、常に進化していくテーマということを考えると決して高い買い物ではないと考えています。

これから長く、本気でブログを続けていこうと考えている方には本当におすすめしたいテーマです。

さとしん

購入したからにはブログを辞められない!という覚悟も決まるかもしれませんね…!

SEO関連の機能はプラグインが必要

SWELLにはSEO関連の設定ができる機能はありません。

別途、プラグインを使ってSEO関連の設定をしてあげる必要があります。

SEO関連の機能をプラグインに任せたのは、SWELL開発者さんの明確な理由があります。

以下、公式サイトに記載されている開発者さんのコメントです。

SWELLにSEO機能を実装しない理由

なぜSWELLに実装しないのか?

それは、サイトにとって非常に重要なメタタグの設定が、テーマの乗り換えによって影響されてはならないからです。

また、膨大なコードを必要とする機能なので、もしテーマに実装したものが使われない場合はただ速度低下を招くだけのお荷物と化してしまうリスクがあります。

人によっては使い慣れたSEOプラグインもあるでしょうし、わざわざテーマ内でそれらの機能をつける必要性もほとんどないと判断しました。

引用元:公式サイトより

1番のポイントは、今後SWELLから他テーマへ乗り換えが発生するときのことまで考えてくれているということです。

また、今後のSEOにおいて、サイトの高速化も重要な指標になってきます。

テーマ側ではサイトの速度低下を招くリスクがあるものは排除しておくというのもとてもありがたい配慮です。

そして、SWELL開発者の了さんが開発したSEOプラグインがあります。

>>SEO SIMPLE PACK

もちろん、SWELLとの相性も問題ありませんし、全て日本語対応のプラグインです。

SEOプラグインは海外産が多く、一部日本語が未対応のものもあります。

その点、了さんが開発されている「SEO SIMPLE PACK」は安心感、使いやすさともに申し分ないと感じます。

SWELLは他テーマへ乗り換えが必要になった場合のケアもされていて、本当にユーザー思いのテーマです。

さとしん

なので、この点も特にデメリットではなくむしろメリットだなと感じました…!

クラシックエディターは一部機能の制限がある

すでに他テーマでブログ運営されている方の中にはクラシックエディターを使われている方も多いと思います。

SWELLでは、クラシックエディターももちろん使うことはできますが、一部機能の制限があるようです。

さとしん

僕はSWELLに移行してからクラシックエディターを使ったことは無いです…!

ただ、せっかくSWELLを導入するなら絶対にブロックエディターを使うことをオススメします。

細部まで拘っているブロックエディターが抜群に使いやすいのはもちろんのこと、今後のWordPressの開発の流れを考慮しても、ブロックエディターを使うことは後々必須になっていくのではないかと思います。

ブロックエディターではHTMLやCSSを書かなくてもオシャレなトップページを作ることもできます。

投稿画面と読者が見る画面の装飾が同じなので、記事を執筆しながらプレビューを見る回数も減ります。

便利な点が多いので、ぜひこのタイミングでブロックエディターへの移行を検討してみることをおすすめします。

当サイトではブロックエディターの使い方も多数解説しています。ブロックエディターに慣れない方は目を通してみてください。

>>WordPressブロックエディター(Gutenberg)の使い方!時短テクニックも紹介!
>>ブロックエディターの記事執筆を快適にするショートカットまとめ!

ユーザー急増中のためデザインが似てしまうことも!?

SWELLは大人気で、ユーザーさんがかなり増えた印象です。

特にTwitterで発信活動をされているブロガーさんには本当にSWELLユーザーが多いと感じます。

そのため、デザインが似てしまうと言われることがあります。

確かにその懸念はあるなと感じますが、これはSWELLに限らず他の有名なテーマでも同じことが言えます。

また、SWELLはレイアウトを組むための専用ブロックも充実しています。

そのため、少しの工夫でオリジナリティのあるトップページを作ることができます。

ぜひ、SWELLを導入した方にはサイト型トップページのカスタマイズにチャレンジしてほしいです。

僕がまとめているSWELLサイト集では100人以上のユーザーさんにご協力いただきサイトを掲載していますが、みなさんオリジナリティがあって、とても素晴らしいです。

さとしん

テーマの機能性とユーザーの工夫が合わさった素敵なサイトばかりです…!

>>WordPressテーマ『SWELL』を使った素敵なサイト、ブログを集めました!!

SWELLは初心者にもおすすめなのか?

これからブログを始める方、まだ経験が浅い方はSWELLを購入して使いこなすことができるか不安という方もいると思います。

みにしん

やっぱり安い買い物ではないし、心配だよ…。

僕はこれまで複数のテーマを使ってきましたが、SWELLは初心者の方でも使いやすく、自分好みのブログが作りやすいテーマだと感じています。

ただし…!

SWELLに限らず全テーマに共通しますが、記事の書き方や簡単な設定など、WordPress本体の基本的な操作を調べながら身につけることは必要です。

では、僕が考えるSWELLが初心者の方でも使いやすい理由を書いていきます。

分かりやすい公式マニュアルで初心者も安心

SWELLは、公式サイトのマニュアルがとても丁寧で分かりやすいと感じています。

このマニュアルはSWELLユーザー以外の方も読むことができます。

購入を検討するためにどんな機能があるか目を通してみるのもおすすめです。

私生活で説明書などは読まない!という方も、ぜひには目を通してほしいなと思っています。

もし、公式のマニュアルでも解決できない場合や、困ったことがあった場合は僕のブログでも記事を書いたので目を通してみてください。

>>WordPressテーマ『SWELL』の使い方や設定で困ったときの情報まとめ!

設定画面も見やすく直感的に設定ができる

SWELLは設定画面もとても見やすいです。

プレビューを見ながら設定できるため、直感的に設定することが可能です。

例えば、文字を装飾するためのボックスの設定画面は以下のようになっています。

SWELLの管理画面
SWELLの管理画面の例

参考まで、無料テーマCocoonと有料テーマAFFINGER6の設定画面の一例も貼っておきます。

Cocoonの管理画面
Cocoonの管理画面の例
AFFINGER6の管理画面
AFFINGER6の管理画面の例

SWELLの管理画面は文字よりもイメージ図が多めになっているので、より設定内容が理解しやすくなっています。

さとしん

僕はSWELLの設定画面が1番分かりやすいと感じました…!

それから、さらに設定画面が見やすく、使いやすくなるように現在開発が進められているようです。

初心者の方はこのあたりの設定でつまずいてしまうことも多いので、SWELLの直感的な設定画面はとてもありがたいです。

不明点はフォーラムで解決

SWELLにはサポート用のフォーラムがあり、質問や要望をすることができます。

ユーザーからの質問は、開発者の了さんや優しいユーザーさんがかなり丁寧に回答してくれます。

さとしん

実は僕もたまに回答しています…!フォーラムでお会いしたらお手柔らかにお願いします!笑

前述したSWELLの公式マニュアルに基本的な操作説明も詳しく記載されているので、基本的な悩みはマニュアルで解決できることが多いです。

もしマニュアルを読んでも解決できなかった場合に、専用のサポートフォーラムがあるということは安心感につながるはずです。

また、Slackを活用したSWELLユーザー限定のオンラインコミュニティもあるので、ユーザー同士で情報交換もできます。

\ 初心者の方にもおすすめ! /

SWELLの新規導入と他テーマからの移行手順

SWELLの導入を決断された方向けに、SWELLでサイト運営を始めるまでの手順を当サイトでまとめているので紹介します。

さとしん

SWELL導入はきっと後悔しないと思います!楽しみですね…!

みなさんの状況によって、手順が少し異なるので該当する記事を参考に設定を進めていきましょう。

以下の2つのパターンで導入の手順を紹介します。

  1. 初めてのテーマとしてSWELLを使用する方
  2. 他のテーマからSWELLに移行する方

初めてのテーマとしてSWELLを使用する方

これからWordPressでブログやサイトを立ち上げて、最初からSWELLでスタートする方向けに、SWELL導入からサイト運営が開始できる状態になるまでの流れを、以下の記事にまとめています。

はじめてのWordPressで用語などが分からない方も多いと思うので、なるべく難しい言葉を使わず、補足説明などもいれながら、画像多めに手順をまとめています。

みにしん

この記事でブログ運営のスタートダッシュを決めよう…!

他テーマからSWELLに移行する方

すでに他のテーマでブログやサイトを運営していて、途中でSWELLに移行したい方向けに、移行の手順や注意点を以下の記事にまとめています。

さらにCocoonとJINユーザーさん向けに、それぞれのテーマ特有の内容も含めた移行記事を準備しました。

CocoonとJINからの移行の方はこちらの記事を見てみてください。

>>CocoonからSWELLへの移行手順
>>JINからSWELLへの移行手順

さとしん

移行前の事前準備や注意点なども書いているのでぜひ参考にしてください…!

SWELLは2022年イチオシのWordPressテーマ

今、話題のWordPressテーマ『SWELL』について紹介しました。

今後もますます進化して素敵なテーマになっていくはずのSWELLですが、すでに魅力がたくさんあります。

  • サクサク記事が書けるブロックエディター
  • プログラミング知識なしで素敵なサイトが作れる!
  • ユーザーとしてワクワク感を感じる取り組みがたくさん!

僕の周りでは、SWELLを購入して後悔している人を見たことがありません。

みにしん

むしろ、もっと早くSWELLにすれば良かった!と後悔している人がおおいかも。笑

それだけブロガーさんにとって必要な機能が充実しているという証拠だと思います。

また、ユーザーの要望を聞いてくれる姿勢や、定期的に追加される新機能に常にワクワクさせてくれます。

僕は、SWELLを購入して本当に良かったです。もうSWELL以外のテーマを使うことは考えられません。

WordPressテーマ選びに悩んでいる方が素敵なテーマに出会えることを願っています。

もし、SWELL仲間になった際には、素敵にカスタマイズされたブログをSWELLサイト集に掲載させてくださいね。

掲載の依頼は、当サイト運営者のTwitter(@__satoshin)まで。楽しみにお待ちしております。

さとしん

ぜひTwitterでも絡んでください…!

最後まで読んでいただきありがとうございました。


はこちらからどうぞ…!

SWELLの基本的な設定や使い方はこちら↓↓

>>WordPressテーマ『SWELL』の使い方や設定で困ったときの情報まとめ!

SWELLでトップページをカスタマイズする方法↓↓

>>【SWELL】トップページをおしゃれなサイト型にカスタマイズする!

SWELLで作られたサイト集↓↓

>>WordPressテーマ『SWELL』を使った素敵なサイト、ブログを集めました!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる