MENU
さとしん
WordPressが好きで毎日触って勉強しています。ブロックエディターに出会ってから本当にWordPressが楽しくなりました。WordPressやブロックエディタに馴染めず困っている人の役にたてたら嬉しいなぁと思いながら、このサイトを運営しています!

Arkhe Blocksでブロックエディターの機能を強化!超便利なエディター拡張プラグイン

ブロックエディターの機能を強力に拡張してくれるプラグイン「Arkhe Blocks」を紹介します。

Arkhe Blocksは無料テーマ『Arkhe』(アルケー)に最適化されたプラグインですが、どのテーマでも使うことができます。

Arkhe Blocksは無料版と有料版(Pro版)の2種類あります。

便利な機能だらけなのでおすすめです…!
この記事の内容まとめ
  • Arkhe Blocksの概要
  • Arkhe Blocksの機能紹介
  • Arkhe Blocks Proの機能紹介

Arkhe Blocksを導入することで高機能かつスタイリッシュなブロックを使うことができます。

さとしん

デザインも好みで、僕はとてもお気に入りです…!

すごく便利なプラグインなので、みなさんもぜひ見てみてください。

目次

Arkhe Blocksはブロックエディターの機能を拡張するプラグイン

Arkhe Blocksは無料のWordPressテーマ「Arkhe」の機能を拡張するために開発されたプラグインです。

Arkheは「アルケー」と読みます。

一部機能制限はあるものの、基本的にはArkhe以外のテーマでも利用することができます。

Arkhe Blocksの基本情報は以下のとおりです。

スクロールできます
項目説明
プラグイン名Arkhe Blocks(Pro)
開発者了さん(@ddryo_loos)
金額無料、Pro版の金額は後述
公式サイトhttps://arkhe-theme.com/ja/plugins/arkhe-blocks-pro/
ハッシュタグ#wparkhe

「Arkhe」はブロガーさんに人気の有料WordPressテーマ「SWELL」の了さんが並行して開発している製品です。

SWELLについては以下の記事を見てみてください。

無料版のArkhe Blocksと有料版のArkhe Blocks Proがあります。

Arkhe Blocks Proの料金体系は以下のようになっています。

Arkhe Blocks Pro単品購入

買い切り型:5,500円(アップデート不可)

Arkhe Pro Pack

サブスクリプション:6,600円/年 or 9,900円/年(アップデート可)

買い切り型の場合は、プラグインのアップデートができません。

購入時点での最新バージョンをダウンロードすることができます。

もし、プラグインをアップデートしたい場合は、再度同じプラグインを購入する必要があります。

一方で、サブスクリプション型では、契約期間中であればプラグインのアップデートが可能です。

また、サブスクリプション型のArkhe Pro PackにはArkhe Blocks Proも含め3つのプラグインが同梱されています。

  1. Arkhe Blocks Pro
  2. Arkhe Tool Kit
  3. Arkhe CSS Editor

Arkhe Pro Packについては、以下公式サイトで詳細を確認してみてください。

Arkhe Blocksの無料版、有料版の機能の違いについては後述しますが、無料版でもかなり高機能なプラグインです。

さとしん

記事執筆がかなり楽になるかなぁと思います…!

Arkhe Blocks(無料版)で使える機能

まずは無料版のArkhe Blocksから機能を紹介していきます。

プラグインを有効化すると以下3つの機能が追加されます。

  1. ブロックツールバーの機能拡張
  2. コアブロックの機能拡張
  3. カスタムブロックの追加

ブロックツールバーの機能拡張

Arkhe Blocksを有効化すると、ブロックツールバーの機能が拡張されます。

ブロックツールバーとは、以下画像のようにブロックを選択した際にでてくるツールバーのことです。

ブロックエディターのブロックツールバー

ここに以下の機能が追加されます。

  • ブロック上の余白設定ボタン
  • Arkhe書式ボタン

以下の赤枠部がArkhe Blocksによって追加される機能です。

Arkheのブロックツールバー

それぞれ紹介します。

ブロック上の余白設定機能

ブロック上の余白設定機能は、その名のとおり、ブロックの上の余白量を簡単に設定できる機能です。

通常、ブロックエディターで余白量を調整したい場合は、「スペーサーブロック」を使うことが多いはずです。

さとしん

スペーサーブロックを都度設置する手間が地味に面倒です…。

ですが、Arkhe Blocksの機能を使えば、クリック操作だけで簡単に余白量を調整することができます。

ちなみに、WordPressテーマ「SWELL」では『ブロック下の余白』設定機能が搭載されています。

さとしん

この機能はほんとに便利なんですよね…!

Arkhe書式ボタン

それから、テキスト装飾のバリエーションが増えるArkhe書式設定ボタンも追加されます。

テキストに対して、以下の設定ができます。

  • 書式クリア
  • 注釈サイズ
  • フォントサイズ
  • カーニング

注釈サイズやフォントサイズについては選択した文字の大きさを変更してくれる機能です。

本来、ブロックエディターの標準機能ではブロック内の一部の文字のみの文字サイズ変更などはできませんが、この機能によって可能になります。

また、カーニングは文字間隔を自由に調整できる機能です。

さとしん

これがなかなか嬉しい機能です…!

デザイン的に文字間隔を調整したり、強調したい部分の文字間隔を簡単に調整することができるのでありがたい機能です。

コアブロックの機能拡張

Arkhe Blocksではコアブロックの機能が一部強化されます。

コアブロックとはWordPress側で用意しているブロック。段落ブロック、リストブロック、見出しブロックなど多数。

以下のブロックに対して機能が追加されます。

  • リストブロック
  • 画像ブロック
  • 動画ブロック
  • メディアとテキストブロック

それぞれ説明します。

リストブロック

リストブロックでは6種類のスタイルを使うことができます。

Arkhe Blocksのリストブロック
  • デフォルト
  • チェック
  • グッド
  • バッド
  • 番号付き
  • 注釈

サイドバーからクリック操作のみで簡単にスタイルが切り替わります。

以下動画を用意しました。

画像、動画ブロック

画像ブロックと動画ブロックではそれぞれ以下のスタイルが追加されます。

arkheの画像ブロックの拡張スタイル
  • 影付きスタイル
  • フレームスタイル
  • 枠線スタイル
さとしん

影付きと枠線の違いが見にくいかもしれません。すみません…!

メディアとテキストブロック

メディアとテキストブロックには以下のスタイルが追加されます。

arkhe-media-fext-first.jpg
arkheの画像ブロックの拡張スタイル-2
  • カード型
  • ブロークングリッド

ブロークングリッドレイアウトは、通常綺麗に整っているレイアウトをあえて崩して配置するようなレイアウトです。

Arkheのブロークングリッドも、画像の上に文字が重なるような配置になります。

さとしん

使いこなせればとってもオシャレなレイアウトです…!

カスタムブロック

Arkhe Blocksオリジナルのブロックが6種類追加されます。

6種類全て、どのテーマでも使用することができます。

  1. アコーディオンブロック
  2. Q&Aブロック
  3. 説明リストブロック
  4. 通知ブロック
  5. セクションブロック
  6. セクション見出しブロック
さとしん

無料で使えていいのか!?というほどの高機能ブロックたちです…!

それぞれ紹介していきます。

アコーディオンブロック

アコーディオンブロックは、コンテンツの一部を畳んでおくことができるブロックです。

長すぎる文章や、必要な読者にだけ見せたいコンテンツなどをアコーディオンブロックの中に入れてあげると、ユーザービリティも向上するかもしれません。

アコーディオンの右端にあるアイコンは2種類から選ぶことができます。

Arkhe Blocksのアコーディオンブロック

Q&Aブロック

Q&Aブロックは質問と回答を見やすく表記できるブロックです。

さとしん

「良くある質問」などのコンテンツで大活躍します…!

以下のようにQuestionとAnswerをそれぞれ記載するだけでOKです。

Arkhe BlocksのQ&Aブロック

説明リストブロック

説明リストブロックは何かの解説などをする際におすすめのブロックです。

項目と説明を書き込むことができて、以下の2つのスタイルから選ぶことができます。

Arkhe Blocksの説明ブロック-1
Arkhe Blocksの説明ブロック-2

通知ブロック

通知ブロックは、コンテンツを強調したいときに活躍するブロックです。

Arkhe Blocksの通知ブロック
さとしん

使いやすいしデザインもすごく好きです…!

以下のような複数のスタイルを自由に組み合わせることができます。

  • スタイルは3種類から選べる
  • 通知の形式は5種類から選べる
  • アイコンは20種類用意されている

20種類のアイコン以外にもFont Awesomeのソリッドアイコンを指定することもできます。

ブログ記事などは、この通知ブロックだけあれば装飾としては十分すぎるくらいの充実度かなと思いました。

セクションブロック

セクションブロックはトップページを凝ったデザインにしたい場合などに大活躍するブロックです。

Arkhe Blocksのセクションブロック

イメージとしてはカバーブロックの上位互換のような機能のブロックです。

カバーブロックについては以下の記事を見てみてください。

さとしん

これ…無料で使えていいの!?というレベルのブロックです…!

セクションブロックでできることは以下のとおりです。

  • 背景色や背景画像を設定できる
  • ブロック上下の境界線の形状を変更できる
  • ブロックの高さや余白の設定が簡単にできる
  • divタグとsectionタグを選択できる

このブロックの凄さは動画を用意したので見てみてください。

セクションごとに背景色や画像を設定することができます。さらに、PCとスマホ表示で画像を出し分けることができます。

それから、セクションブロックの上下の境界線の形状を以下から選択できます。

  • 斜線
  • 波線
さとしん

このブロックを使うだけで一気にリッチなデザインのサイトが作れるかも…!

セクション見出しブロック

セクション見出しブロックは、上述のセクションブロックと組み合わせて使うのがおすすめのブロックです。

セクションブロックの中で違和感が無いように、シンプルなデザインの見出しを挿入できます。

それから、サブテキストを入力できる様になっているのも便利です。

見出しテキストの上か下に、フォントサイズの小さいサブテキストを入力することができます。

Arkhe Blocksのセクション見出しブロック
さとしん

毎回自分でフォントサイズを変更してサブテキストを組み合わせる手間が減りますね…!

Arkhe Blocks Pro(有料版)で追加される便利機能

無料版でも十分すぎる機能を持つプラグインですが、有料版にすると更に以下の機能が追加されます。

  • カスタムブロックが10種類追加
  • カスタム書式機能

こちらもそれぞれ紹介していきます。

カスタムブロック

Arkhe Blocks Proで追加されるカスタムブロックは計10種類です。

テーマに関係なく使えるブロックの他に、Arkheテーマ使用時にのみ使えるブロックも追加されます。

テーマ関係なく使用可能
Arkheテーマでのみ使用可能
  • タブブロック
  • ステップブロック
  • タイムラインブロック
  • リッチカラムブロック
  • ボックスリンクブロック
  • スライダーブロック
  • ブログカードブロック
  • 投稿リストブロック
  • 固定ページリストブロック
  • RSSブロック

各ブロックの紹介も順次追記していきます。

さとしん

多機能すぎて編集が追い付きません…!笑
少しおまちくださいm(_ _)m

すごいブロックがたくさんあるのですが、とりいそぎ「スライダーブロック」の動画を公式YouTubeチャンネルからお借りして紹介します。

公式チャンネルより引用
さとしん

僕はスライダーが大好きなので、このブロックは最高です…!

カスタム書式機能

更に、カスタム書式という便利な機能が追加されます。

テキスト装飾用のCSSをユーザー側で自由に設定することができる機能です。

このカスタム書式を最大3つ設定することができます。

以下に実際にカスタム書式を使う動画を用意しました。

さとしん

これはかなり便利な機能です…!

ちなみに、SWELLはブロックエディターがとても高機能で強力なので、追加のプラグインが無くても素晴らしい使い心地です。

SWELLのブロックエディターについては以下の記事を見てみてください。

高機能なArkhe Blocksプラグインで楽しいコンテンツ制作を!

ブロックエディターの機能を強化してくれるプラグイン「Arkhe Blocks」について紹介しました。

無料版と有料版がありますが、無料版でもとても便利な機能が追加されます。

  • ブロックツールバーの機能拡張
  • コアブロックの機能拡張
  • カスタムブロックの追加

これだけでも十分ですが、有料版にすることで更に強力なカスタムブロックや、カスタム書式機能が使用可能です。

  • カスタムブロックが10種類追加
  • カスタム書式機能

Web制作者さんにはもちろんですが、トップページを凝ったデザインにしたい場合などにとても活躍するプラグインだと思います。

また、無料テーマでブログを書いているブロガーさんにもご自身のブログを更に見やすくするために活用するのもおすすめです。

ぜひ、気になったかたはArkhe Blocksを使用してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


他にもブロックエディターの機能を強化してくれるプラグインの紹介記事を作成しています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる